成層流体中の水平拡散(地中海)
English

京都大学大学院工学研究科機械理工学専攻
流体物理学研究室

はじめに

  工学で現れる流体運動においては、浮力、コリオリ力、遠心力などの様々な力が働く複雑な系を考える必要があります。本研究室では、これらの力が重要となる成層流体、回転流体、旋回流体などの運動と、その中での熱・物質輸送の基本メカニズムの解明とその応用に関する研究を行っています。
  数値計算と室内実験に加え、現象の理解と予測に役立つ理論解析も行っています。基本メカニズムの解明により、大規模装置内の流れなど工学的課題の解決の他、大気や海洋の流れの解明などにも根本から寄与することを目指しています。
  新しい成果は、強い集中力と努力によって初めて得られますが、それらの源泉となるのが知的好奇心です。本研究室では、毎日の勉学や研究によって「わからないこと」への好奇心や探究心を養い、それらを新しい発見につなげてゆける人を募集しています。