本文へジャンプ
研究テーマ

2.乱流中の熱・物質輸送


 成層乱流や回転乱流など、乱流中の熱・物質輸送を水槽実験、数値計算、理論解析により研究しています。例えば、熱や物質の拡散係数の違いがその輸送に与える影響を調べています。こうした結果は、熱・物質の乱流輸送のメカニズム解明と同時に、乱流モデルの改良を通じて数値予測の精度向上に役立ちます。 
 

水槽実験(濃度分布のレーザー計測:LIF(Laser Induced Fluorescense)
(動画は上図をクリック)


数値計算(ジグザグ不安定)
(動画は上図をクリック)


水槽実験(成層乱流の3次元渦構造)


数値計算(渦度の等値面)
流体物理学研究室