本文へジャンプ
流体物理学研究室
研究内容

1.成層流の基本構造

 鉛直方向に密度差のある流体のことを「成層流体」といいます。浮力の働きにより、成層流体は、密度一様の流体とは異なる特異な挙動を示します。
 本研究室では、成層流体中を物体が鉛直移動すると高速の「ジェット」が生成されることを発見し(下図)、そのメカニズムなどを研究しています。ジェットの発生に伴い、物体に働く抵抗も通常の数10倍に増加します。この基本的な成果は、海洋物理学に革命をもたらしたとも言われている深海観測ロボット(Argo Float)基本設計に用いられてきた他、地球温暖化予測で重要な海洋炭素循環を担うプランクトンの移動予測、海底油田の事故に伴う油滴の移動予測などにも役立ちます。 
蛍光染料による流れの可視化         後流の渦構造(数値計算)